ービジョンケア 

視覚障害によって日常生活・社会生活を不自由に感じている方への支援

 

ロービジョン(low vision)とは?

私たちは視覚から様々な情報を得ています。

病気やけがなどで視力が低下したり、目の調子がよくないときには眼科を受診されると思います。

現在、眼科医療は日々発展し、新しい治療や手術などが発達しているので、適切な治療を受けて元通りの状態に回復する方も多いです。

しかし、一方で、病気や進行具合により完全な回復が難しく、日常生活や社会活動に支障があり困難を感じている方もおられます。

特に問題になるのは、情報入手、移動、コミュニケーションです。

ロービジョンとは、成長・発達あるいは日常生活・社会生活に何らかの支障をきたす視機能または視覚のことをいいます。

 

WHO(World Health Organization:世界保健機関)の定義では、矯正視力が0.05以上0.3未満とされていますが、日本では視力・視野のみでなく、視覚障害のために日常生活に不自由のある状態を「ロービジョン」と総称しています。

ロービジョンは英語表記で「low vision」であり、直訳すると「低視力」や「弱視」と表現されることが多いですが、もう少し範囲の広い「低視覚」と呼ぶべきものです。

 

ロービジョンケアとは?

ロービジョンケアとは、ロービジョンの方に対して様々な面から行われる支援の総称です。医療的・教育的・職業的・社会的・福祉的・心理的な支援を包括的に表現したものであり、発達・成長期である子どもに必要なハビリテーションや、大人の中途障害に対応するリハビリテーションが主な目的となります。

 

よりよく見える工夫として、眼科医は以下のようなことができるよう情報提供を行い、アドバイスや指導、訓練を実施していきます。

 

よりよく見る工夫・・・視覚補助具・照明

視覚以外の感覚の活用・・・音声機器・解読機器

情報入手手段の確保・・・ラジオ、パソコン

その他の生活改善・・・点字図書館、生活訓練施設

進路の決定・・・特別支援学校、職業訓練施設

福祉制度の利用・・・身体障害者手帳、障害年金

視覚障害者同士の情報交換・・・関連団体、患者交流会

 

ロービジョンケアに関わるのはどんな人?

眼科医師、視能訓練士、看護師に加え、実際のロービジョンケアには、教育・福祉・補助具等販売店などの役割がとても大きく、多分野の連携が必要とされます。

 

ロービジョンケアの進め方

眼科では主に、目が見えづらくなった患者さんのロービジョンケアへの「窓口」の役割を果たしています。

患者さんの目の状態を確認し、必要としている支援やサービスへの橋渡しを行うのが、ロービジョンケアにおける眼科の主な役割です。

まずは、治療を受けている医療機関やロービジョンケア施設で相談をしてみましょう。

 

ロービジョンケア施設一覧

 

 

ロービジョンにおける補助具の活用

視覚障害の患者さんが日常生活を改善できる様々な視覚補助具が開発・活用されています。視覚補助具は「光学的補助具」と「非光学的補助具」があります。

また、「生活便利グッズ」といわれる日常生活を送るうえで便利な用具が多く存在します。

ロービジョンの方々の見え方は人それぞれであり、また日常生活における不便なこともそれぞれ異なります。

ご自身の目や見えにくさの状態を十分に理解していただいた上で、ご自分に合った補助具やグッズを見つけることができれば、日常生活の中でも驚くほど活動の幅ができ、不便さがやわらぐ可能性があります。

主なものについて簡単に紹介します。

 

光学的補助具

 

・眼鏡

一般的に活用されている補助具で屈折矯正や調節補正の目的で用いられます。

見えづらさを感じたら、まずは眼科で眼鏡の装着について相談してください。(矯正眼鏡、コンタクトレンズ、弱視眼鏡)

 

また羞明(まぶしさ)に対しては「遮光眼鏡」(写真①)が効果的です。羞明は、涙が出る、目が疲れる、目や周囲が痛いなどの不快感をともなうこともあります。

ふつうのサングラスはすべての光を一様にカットするので暗くなりすぎたり明るいところではまぶしさが残ってしまうことがあります。

一方、遮光眼鏡は、まぶしさの要因となる短波長光(紫外線+青色光線)の一部の透過を選択的に抑制するので、くっきり見やすくなります。さまざまな種類がありますので、購入前に実際にかけて見え方などを確認することが大切です。

 

・拡大鏡(ルーペ)


ロービジョンの方々に最も多いニーズは読み書き関連といわれます。新聞、本、値札、などの文字情報は、凸レンズにより見る対象物を拡大することで見やすくなります。卓上式や手持ち式など形状や倍率にも様々なものがあります。

拡大倍率が高く見るものが大きくなればなるほど見える範囲は狭くなる点に注意が必要です。

 

・単眼鏡

携帯できる小さな望遠鏡で、遠方の景色を楽しみたい、学校の黒板や楽譜を見たい、職場の会議室のスライドが見たいようなときに便利です。片手で操作できるように訓練が必要になります。

 

非光学的補助具

 

・拡大読書器

読みたい本や手紙、新聞などをスキャナーや小型カメラで読み取るなどしてその映像をテレビやパソコンの画面に拡大して映し出すことができます。

文字を画面いっぱいまで拡大し見やすくします。また、白黒反転表示など背景色を変えることが可能で、よりコントラストを高くすることができます。手紙や書類などを書くことにも利用されます。据え置き型には多くの種類があります。また、最近では、携帯型もあります。

視覚障害者手帳の所有者であれば、等級にかかわらず、「日常生活用具」として給付され、多くの自治体で198,000円を給付上限としています。自治体の福祉課や社会福祉課等に問い合わせてみましょう。

 

 

日本ロービジョン学会

福祉制度の利用

視覚障害の程度が強く基準を満たす場合には、身体障害者手帳の申請が可能です。国や自治体による支援も手帳があると利用可能となるものが多く、まずはご自分がその基準を満たしているのかどうか確認することが重要です。

手帳の作成には都道府県に指定された眼科医の診断書・意見書が必要となりますので、まずはお近くの眼科に相談してみましょう。

また、支援内容については自治体によって異なりますので、所属自治体の福祉課や社会福祉課に問い合わせてみてください。

条件を満たせば、補装具や日常生活用具の支給、通院や買い物への同行援護などが受けられることがあります。

 

 

 

ロービジョンケアでは福祉分野が中心となり生活訓練や就労支援も行われています。

ロービジョンケアにおける生活訓練

歩行訓練

視覚がうまく働かなくなると周囲の環境を把握することが難しかったり、移動の安全に支障をきたすなどして不安を感じ、外出を控えてしまう人が少なくありません。

視覚障害者リハビリテーション施設などでは白(はく)杖(じょう)を使って単独で歩行できるようにする訓練があります。

自宅の近くを歩いたり、バスや電車を利用して外出することなど、 ロービジョンの方々が一人で行けるようになりたい場所へ行くためのトレーニングが行われます。

 

コミュニケーション訓練

点字、音声出力、コンピュータの使い方などを練習します。現在、点字よりも音声による情報入力が一般的です。また、就労においてはパソコンの使用が求められることが多く、とても重要な技術となっています。とくに若い方にとっては、パソコンの使用に慣れておくことが今後ますます重要となります。

 

日常生活動作訓練

お茶の入れ方や衣服の着脱、調理など日常生活に必要な動作を訓練します。

 

ロービジョンケアにおける就労支援

福祉分野が中心となった就労支援も行われています。独立行政法人高齢、障害、求職者雇用支援機構やハローワーク、市町村などの公的機関が主に支援活動を行っておりNPO法人によるサポート体制も整いつつあります。

また、就労継続や支援について経験豊富な患者組織も存在します。視覚障害で仕事を続けることが困難に思えてもいろいろなサポートの方法があります。仕事の継続をあきらめる前に必ず相談してみて下さい。

 

眼科からの情報提供

 

スマートサイトとは、視覚障害により生活に支障のある方が、各々の悩みに応じた適切な指導や訓練が受けられる相談先を紹介する簡単なリーフレットや関連したウェブサイトのことです。近隣のロービジョンクリニックや視覚障害センター、点字図書館など視覚リハビリテーションに関し相談可能な施設情報が記載されています。1枚のシンプルなリーフレットから、ロービジョン関連の情報を入手でき、患者さんが必要なサービスにアクセスしやすくなるということを想定したものです。

日本眼科医会では、このスマートサイトが各県ごとに全ての都道府県に整備されるよう普及に努めています。

2019年6月現在、スマートサイトは33都道府県で入手可能となっています。

スマートサイトの一例:東京都ロービジョンケアネットワーク